読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挨拶がわりに

このページをご覧になられた方、はじめまして。

 

CHAGE&ASKAのファンであり、ガンダム好きであり、ホンダ好きであり、鋼の錬金術師好きであり、ラーメン好きな者です。

 

その辺のコトを気が向けば書き、気が向かなければ忘れる程度にやっていきたいと思います。

 

まずは、このはてなブログに入ったきっかけであるCHAGE&ASKAの話でも。

 

中学一年生の時にアルバム「PRIDE」を初めて買ってから、様々な曲を聴いてきました。

買った動機は単純です。

「小学生の頃に聞いたことがある歌手で、同じ福岡出身で、2枚組だからおトクじゃん!!」

若干動機が不純な気もしますが、初めてのCDですから、そんなもんでしょ(笑)

 

のちにこのアルバムが、10周年記念の節目の重要なアルバムであることを知るんですが、まだまだガキんちょの私は、上記の理由だけで、ある意味運命的な出会いをする訳です。

 

さて、ガキんちょだった私は、アルバムのタイトルであり、2曲めに収録されている「PRIDE」という曲に、衝撃というか何と表現したらいいか難しい感覚に襲われます。

 

因みにこの曲は、チャゲアスファンの中でも1位2位を争う名曲です。(今でもそうなのかな?)

この30数年間様々な曲があり、30代以上は必ずと言っていいほど知っている「SAY YES」や「僕はこの眼で・・・」や「Yah Yah Yah」もそれぞれいい曲ですが、それらを押し退けても、この曲は特別です。

 

感想は敢えて書きません。聴いた方それぞれの感性、タイミングがありますから。

 

なにはともあれ、このアルバムをきっかけに、チャゲアスにどっぷり浸かる事になりました。

 

 

CHAGEのストレートな歌詞、ASKAの言葉遊びのような、比喩的な、独特の感性の歌詞、それぞれの曲。お互いの付かず離れずの距離感。

 

そのすべてが好きです。

 

昨夜「FUKUOKA」を聴きました。

 

一時期ASKAの歌詞がやたら複雑な表現になった時期がありましたが、「FUKUOKA」は非常にわかりやすく、でもASKAらしい言い回しで、アーティストとしてのASKAは変わらないんだなと感じました。

 

率直な感想です。